【CFD取引とは】わかりやすく解説

CFDとは、わかりやすく

『CFD取引』とは

 

英語表記:Contract for difference(意味:違いの契約)

『CFD取引』とは分かりやすく言うと、現物を実際に動かさない状態で売買を行う取引の事を言います。

あくまで現物は動かさず、『売った事』や『買った事』を前提に売買の差額のみを計算して取引を行います。

FXもこの『CFD取引』の中に入ります。

FXでの取引では通貨の売買を行いますが、実際には通貨自体を動かしている訳ではありませせん。

こういったように『CFD取引』とは現物売買を行う時に生じる様々な手間を除いたシンプルな取引だとご理解ください。

また『CFD取引』は、日本語では『差金決済取引』と言います。

“【CFD取引とは】わかりやすく解説” の続きを読む